知っておくための学習会のお知らせ

 現在、亀岡市宮前町猪倉で、北陸新幹線延伸工事のトンネル掘削から出るヒ素が含まれる汚泥の受け入れを想定した処理施設の建設計画が進められています。本格的に稼働が始まれば、有害物質が農業用水や生活用水に混入する心配だけでなく、一日最大80 台もの大型車両が往復して、日常生活への影響も懸念されます。
 北陸新幹線敦賀―新大阪間の予定ルートとされた南丹市美山町田歌(とうた)区は、一昨年から新幹線建設のための環境アセスメントの受け入れを拒否しています。その田歌区の元区長で、この計画のさまざまな問題について詳しく調べ、情報発信をされている、神戸大学准教授の長野宇規さんにお越しいただいてお話を伺います。

★開催場所を1階 響ホールに変更しました。
 収容人数に余裕が出来ましたので、友人・知人お誘い合わせの上お越し下さい。

★ガレリアかめおかへのアクセスはこちら

●Googleマップで見る